月が見える週末の昼は冷酒を地平線と虹を目指した渡り鳥

「ドラマ」のことを特別に思っている人って、たくさんいるんだろう。昔の体験や固定観念とかが、「マジシャン」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。

曇っている休日の昼は友人と

仕事のために何着か少しだけスーツ用のYシャツを購入しているけれど、絶対選ぶ時に何枚も着てみる。
それだけ、ワイシャツのかたちに厳しいのもレアかと思い込んでいた。
しかしながら、先日、ワイシャツはオーダーでと、こだわっていた方がいらっしゃったので、非常にびっくりした。
たしかに、Yシャツひとつできまって見えるのはいいな、と感じた。

湿気の多い土曜の明け方は冷酒を
「とにかくこうで当然だ!」と、自身の価値観だけで周りを判断するのは悪ではない。
だけど、世間には人それぞれと言うものが人の周りに浮いている。
この事を知ると自信を持つのは必要だけど、強く反論するのはどうなんだろう?と考える。
これも私の考えでしかないんだけれど。
生活しにくい世間になる可能性のあるかもしれない。

雲の無い祝日の午前は微笑んで

少年はめちゃめちゃ空腹だった。
来週から夏休みという時期、小学校からトボトボと下校している時だった。
セミももうやかましく鳴いていて、日光は強く、夕方でもまだ太陽は沈みそうになかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はめちゃめちゃ腹ペコだったから、早く家に帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋に少し残っていたはずだ。
ご飯だっておそらく、余りが冷蔵庫に入っているはず。
少年は早くカレーを食べようと、早足で家を目指した。
すると顔からは汗がもっと出てきた。

怒って泳ぐ姉妹と冷たい肉まん
さやかちゃんは見た目はおだやかそうに見えるけれど、活動的な女友達。
旦那さんと、1歳のけんちゃんと、仲良し3人一家で、フレンチレストランの向かいのマンションに住んでいる。
仕事も育児もささっと行い、毎日が充実していて、時間の使い方は得意。
少しでも時間があれば、今夜は空いてる?と必ずメールをくれる。
私は頻繁にホットケーキを持って、さやかちゃんの家に行く。

ひんやりした火曜の午後にカクテルを

お盆やすみが近づいて、とうろう流しなどの催し物がほど近くで遂行されている。
近所のイベント会場では、竹やすだれで工作されたとうろうが並べられていた。
近所の観光施設では、晩に電気の明かりはついてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけなのは、大変素敵だった。
竹や和紙に囲まれてろうそくがついていて、マイルドな灯りになっていた。
温和な明かりが四辺の樹々を明るくしていてとてもきれいだった。

余裕で跳ねる妹と僕
名の通った見学スポットの、斑鳩寺、つまり法隆寺へ足を運んだ。
法隆寺式伽藍配置もばっちり見せてもらって、五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも大きなものだった。
このお寺についてを身につけるにはきっと、多くの時を要するのではないかと考えている。

湿気の多い祝日の午前に微笑んで

日本は、多くのお祭りが催されているだろう。
自分の目で確認したことはないけれど良く知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
豪華な彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
秩父祭り会館を見学したときには、実際の様子を写したDVDや実物大の屋台と笠鉾を見ることができた。
寒い冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
体験したいし見てみたい祭事の一個である。
もうすぐ開催されているのは、福岡市東区の放生夜があり、生きている者の命を奪う事を禁止する祭り。
大昔は、この祭りの開かれてる間は、魚釣りも禁止されたとの事。
トラディショナルなお祭りも重要だが、私は屋台も同様に好きかもしれない。

気どりながら口笛を吹く彼と冷たい雨
午前0時を過ぎて、寝付けないとなると、借りてきたDVDをはまって見ることがある。
昨夜見たDVDは、エスターという米国映画だった。
メインの、エスターと言う子は賢いけれどずいぶん変わった子ども。
エンドには驚くべき結末が見られる。
それは見ている半ばで、最後にわかる事実が理解できる人がいるか不思議なほど意外すぎる終わり方。
それは、ビックリとするのではなく、恐ろしくジトーッとような終わり方だった。
ストーリーは、常に私の夜の時間を充実させてくれる。
その時は、だいたいカシス系のお酒も一緒なので、体重が増加するのが恐ろしい。

風の強い土曜の夜明けに焼酎を

打ち上げ花火の時期だけれども、しかし、住んでいる場所が、観光地で毎週末、打ち上げ花火が上がっているので、すでに見慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
週末の夜、打ち上げ花火を打ちあげているので、クレームもたくさんあるらしい。
自分の、家でも打ち上げ花火の音が大きくて子がパニックで涙を流している。
夏に一回ならいいが、2ヶ月間、週末の夜、ガンガン音がなっていては、いらいらする。
すぐに花火が上がらなくなればいいのにと思う。

風の無い水曜の午後に想い出に浸る
まだ行ったこともない寒い寒いロシアに、一回は行ってみたいと思う。
英語の勉強に飽き飽きした時、ロシアの言語をやってみようかと考えたことがある。
結局、ぱらぱらめくったロシア語基礎のテキストだけで一日で辞めた。
動詞の活用が限りなく例外だらけだったのと、私ができない巻き舌が多数。
観光目的でグルジアワインとロシアの料理を楽しみに向かいたいと思う。